記事一覧

実験に使われたビーグル犬に暖かいファミリーを!

実験に使われたビーグル犬にも幸せになるチャンスがあります。


ドイツの製薬会社は、実験に使った犬が必要でなくなったら、犬を解放します。
ドイツでは普通、ビーグル犬が使われ、彼らは「ラボ(実験)・ビーグル」と呼ばれています。

そのようなビーグル犬たちはコンクリートの世界しか知りません。この世に空があることも、クンクンいい匂いのする野原があることも知らないし、土の上を歩いたこともないし、他の犬たちと遊んだこともありません。もちろん名前もありません。

ドイツにはこの「実験ビーグル犬」を製薬会社から引き取って、新しいファミリーを探す人たちが何人もいます。

解放されたばかりのビーグル犬は、びくびくおどおどしていて、公園の芝生に降ろされてもどうしたらいいかわからず、座り込んでしまいます。第一、車を見るのだって、乗るのだって生まれて初めてなのです。
でも心配はいりません。これからは新しいファミリーが暖かく見守ってくれるのですから。

「実験ビーグル犬」はすぐに他の犬と遊ぶようになります。早い子だと実験室から出て数時間で芝生の上を他の犬たちとかけっこすることができるようになるのです。名前をもらい、新しい家族から頬ずりされ、寝心地のいいソファで大好きな人の横で寝そべることができるのはもう時間の問題です。

日本の実験に使った犬たちも(もちろん他の動物たちも)「こうなったらいいなあ、こうなりますように」と私は祈っています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー