記事一覧

天国で両親が建てた家

<続き>

 ポールは、「たくさんの猫」と言いました。実家の庭に住みついていた猫たちのことが頭に浮かびました。日に何度か、サンルームのガラス戸越しに猫たちがズラリと並ぶのです。居間の椅子に座っていた母は、「早く、早くご飯をやらないと。おなかすかせているよ」とヘルパーさんや私をせかしていました。
 猫たちは、毎日エサを与えてくれるヘルパーさんが近寄っただけで「シャーッ」と威嚇するほど人間を信用していませんでした。でもヘルパーさんたちの中には無類の猫好きの人もいて、梅雨の時期など、餌が雨に濡れないように傘や金属の箱で覆って「猫食堂」を作ってくれました。
 その中で一匹だけ、おそらく引越しで置き去りにされた猫でしょうけど、いやに人に馴れた猫がいて、家の中に入ってくるようになったのです。それが後の「パンダ」です。白地に黒のハート模様のその大きなオス猫は、母のひざに座り込んで、甘えるのです。(奇跡のエピソードを残して天国の母を追った天使猫「パンダ」の話は始めのほうにあります。)
 猫たちは罠で1匹ずつ捕まえては避妊去勢を施し、それ以上増えないようにしましたが、中には捕えられたときのショックが大きすぎたのか、動物病院から連れ帰って庭に放したらそのままどこかに消えてしまった猫もいます。どこか知らないところで交通事故に遭った猫もいるかもしれません。野良猫の寿命は3年から5年、と聞いたことがあります。
 したがって、それ以上は猫の数は増えませんでしたが、ガラス越しに並ぶ猫の数が減るごとに、私は「どんな最期を迎えたのだろうか」と気になったものです。
 ポールの目に「見えた」のはその猫たちだったのでしょうか。
 
 ポールはさらに付け加えました。
「ご両親が天国で建てた家を見たら、あなたはきっとすごく驚きますよ」。
 えっ? じゃあ、実家をそっくりそのまま再現した家ではないということ? 新しいもの好きの父だったから、丸い家とか、宇宙船型の家とか? 地上で父が建てた家も考えてみれば変チクリンな和洋折衷の家でした。おまけに庭にはアヒルに亀、鳩、鶏、ヒキガエル……。両親が天国の家でも、これまで飼っていた動物や鳥と一緒だとしたら。うーむ、だったら確かに驚くような家でしょう。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー