記事一覧

殺処分ゼロを目指すのではなく、殺処分を廃止する運動をしよう

はっきり申します。殺処分ゼロを目指したら、あと300年かかるかもしれません。ペットショップは相変わらず増え続けるのが目に見えています。ペットショップやインターネットで犬猫を買う人は減らないでしょう。簡単に買い、簡単に捨てる人はいつだってどこにだって、ここドイツにだっています。
「ドイツの殺処分ゼロ」は、「はじめ殺処分があったけど、人間の意識が少しずつ進化していってゼロになった」のではありません。
はじめから、殺処分はなかったのです。
管理センターや愛護センターの殺処分機械「ドリームボックス」を廃棄処分しないかぎり、つまり、殺処分そのものを廃止しないかぎり、苦しみながら死んでいかねばならない犬や猫がいるということです。
犬猫を苦しませながら死なせる、ということは先進国にふさわしくない行為なのです。
どうか、このことについてお友達や家族のかたに話してください。

私たち日本人の動物愛護意識はすでに、かなりいい線まで行っているはずです。つまり、捨てる人よりも救う人の数のほうが多くなっていると思います。ドイツですべての犬猫を生かすことができるのは、救う人の数が多いのと、もうひとつ。法律で、殺処分は禁止しているからです。

本物の動物愛護を実現させるには、ある日、一気にジャンプするしかない。動物愛護パラダイム、です。

政治家に訴えましょう。殺処分を禁止してください、と。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー