記事一覧

楽しかったですか「ペット博」

横浜で先月、「ペット博」というものが開催されたことご存知でしょうか?

子犬子猫の生体販売もあったそうです。しかも、関係者の話では、翌朝一番の仕事は、死んでいる子犬子猫の処理。

子犬子猫は遠くから運ばれてきて、ただでさえ弱っているのに、夜間、寒い会場に置き去りなので死んでもおかしくないでしょう。

私たちは一体いつまで、このような事実を知らされないまま過ごすのでしょうか? そして、いつになったら政治家が動物のために動いてくれるのでしょうか? (その政治家を選ぶのは私たちだということも忘れてはなりません。)

「カネのためなら何でも売る」式の商売をなくすには法律しかないのです。人のモラルの変化を待っていたらそれまでの間に、無数の犠牲が出るだけです。


私たちに今日、できること。

買わない。
買おう(飼おう)と思っている友達がいたら、現状を知らせる。管理センターから引き取る選択があることを教えてあげる。殺さないよう努力している愛護センターの近くにある管理センターのほうでは、連れて来られた犬猫は100%殺処分されている、という例もあります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー