記事一覧

クリスマスプレゼントを買う前に

もうすぐ12月。ドイツの紅葉も姿を消し、森は針葉樹と枯れ木だけになりました。でも街のほうはクリスマス一色。どの街にも、クリスマスの夜市が立って、豆電球の飾り付けで街はいっせいに花が咲いたように見えます。
ところで、お友達や家族にクリスマスプレゼントを買おうかな、と考えているあなた、どうぞまずこれを読んでくださいね。

モヘア入りのセーターやグッズを避けてください。
モヘアはアンゴラうさぎの毛を刈り取って作ります。ふわふわの毛は暖かですが、動物を愛するあなたがアンゴラうさぎの毛をどのように刈り取るのかご覧になれば、モヘアの魅力はいっぺんに消え去ると思えるほど、残酷なものなんです。逆さまにされて、頑丈なバリカンでつるんつりんの真っ裸にされるのですよ。その事実を知った今、モヘア入りはやっぱり暖かくでいいわねえ、などと言えなくなりました。

今どき、ミンクやオオカミの毛皮を着る人はよっぽどの恥知らずか、無知な人でしょう。厳寒のアラスカに住んでいるのではない私たちには毛皮は重いだけ。残酷なだけ。あなたを確実にオツム空っぽに見せるだけ。

でも、ちょこっと毛皮、って人は多いですね。えり、フードのふちどり、ハンドバッグの一部、キーホルダー、帽子やブーツのポンポン玉。毛皮動物は狭いおりに一生閉じ込められ、短い一生は電気ショック棒で殺されたり、森では単に毛皮目的で銃殺されたり、わなで殺されています。

ダウン入りのジャケットは今や普通になってしまいました。しかし、どのようにして水鳥の羽毛を抜き取るかご存知ですか? 生きた水鳥から手でむしりとるのです。鳥たちは苦痛で叫び声をあげ、血だらけになります。肉用として屠殺されるまで数回この大きな苦痛があります。

消費者の私たち一人ひとりが気づいて買わなければ、やがては大きな波となり、むごいだけの毛皮生産や毛皮目的の猟を止めさせることが可能なのです。

毛皮、モヘア、ダウンの不買運動は、あなたから始まります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー