記事一覧

野犬の避妊手術を拒否?

大西洋の西アフリカ沖にあるカナリー諸島の島、ラ・パルマ島から戻ってきたところです。
そこは本土からは遠く離れていますがスペインです。常春で冬でも泳げる、お魚が美味しい、パエリアも美味しい、ハイキング中に山道で会う人たちは必ず、「オラー!」と挨拶して通りすぎて行きます。しかし、村から村へ歩くうちに私の心はだんだんと沈んでいきます。

庭のすみにつながれたままの犬たち。飲水もない。散歩にも連れて行ってもらってない。その証拠に、犬小屋の周囲はフンだらけです。

中型の細いグレイハウンドふうの犬が、狭い小屋に何頭も詰め込まれています。彼らはハンティングのときに使われる「道具」です。不要になれば山に捨てられる犬もいます。田舎でゴミをあさる犬は、多くが骨と皮だけにやせ細り、皮膚病にかかっている犬もいます。近寄ると逃げてしまいます。もう人間を信じることができなくなっているのでしょう。

動物愛護先進国であるドイツからボランティアの獣医さんたちが薬も器材もすべて持参して野犬になった犬たちの避妊手術をしようということになりました。

しかし、なんと地元の獣医たちが反対して、なかなか実行に移せないでいるそうです。プライドがじゃまする? 余計な御世話という気持ちがはたらく? 

もちろん、ラ・パルマ島の人たちの中にも犬を愛する人たちが大勢います。ドイツ人の活動家が野犬になった捨て犬を保護してドイツに連れていき、新しいファミリーを見つけるフィルムもテレビで見ました。そういう活動は地元のスペイン人と一緒に行います。

地元の人たちと共同事業でないと、一方的なボランティアは拒否されてしまうのかもしれません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー