記事一覧

スペインの離島で子供達に犬のすばらしさを教える女性

エル・イエロ島って聞いたことありますか。西アフリカ沖のカナリー諸島のひとつ、ツーリストもあまり行かない小さな島です。私たち夫婦はそこで2週間過ごしました。

静まり返った村、大西洋を見下ろす丘に借りたコテージがあります。コテージと言っても家の中身はキャンプに毛が生えた程度で、2センチぐらいのムカデが何百と這い回っているし、家電は壊れているのが多くて、台所用具も使いものにならないような代物ばかり。ただし、海からの空気と静けさはどこにも負けないくらいです。

30年以上も島で暮らして、動物保護施設を経営しているカリンさんを訪ねました。
「ここに来た当時はひどい状態だったわ。犬は短い鎖でつないで飼って散歩には行かない。犬を散歩に連れ出してくださいと頼んでも、そんなこと男のすることじゃない、と主張するの」

しかし、今は散歩させる人もいるそうです。私は滞在中、村で2度だけ犬を散歩させている若い男性を見ました。でもやっぱり犬は相変わらず繋がれているか、裏庭の小さなオリに閉じ込められているかのどちらかが大多数のようです。休暇で行っても、そういう事実を見たり聞いたりすると休暇を楽しめなくなる自分がいます。

「貴女がこの島に住んだらここの人間が大嫌いになるだろうなあ」と、貸自転車店を営業しているドイツ人から言われました。

耳を澄ますと、どこからか、ワンワンキャンキャンと犬の鳴き声がしてくるのです。明らかに繋がれているか檻で飼われているかのどちらかです。そして、鶏を飼うように狭い檻一杯に猟犬を十何頭も飼っている人もいます。それでもカリンさんは諦めません。小学校に行って犬のすばらしさを子供達に知らせる活動をしています。(続く)