記事一覧

ロシアでのサッカーW杯開催の裏側 

ドイツのニュースによると、モスクワではサッカーW杯開催に向けて、ストリートドッグたちがどんどん撲殺されているそうです。

ストリートドッグは一般に温厚な性格が多く、モスクワでは電車に乗ってくる犬やベンチで寝そべる犬たちが有名で被写体になっていました。

ロシアや東欧や南欧には飼い主を探すための保護施設はあまり多くなく、殺処分が一般的です。
ドイツやスイスやオーストリアやオランダには殺処分がなく、保護施設では新しいファミリー探しをします。そこで多くの犬が、ロシアや東欧や南欧から連れて来られます。意外かもしれませんが、イギリスからもグレイハウンド犬が殺処分のない一部の国に連れて来られるのです。競争犬として走れない(お金にならない)グレイハウンドは餓死させられたり、ハンマーで撲殺されたりするそうです。

サッカーW杯の裏側で、ロシアでは多くの犬が撲殺されている・・・。モスクワにも動物愛護の団体があります。

ザギトワさん、お願いですから、貴女の犬を愛する心と知名度でもって、ストリートドッグ撲殺がいかに非人道的か叫んでください!!

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー