記事一覧

空飛ぶワンコたち

昨日書いた、「移動中だけワンコの飼い主」制度は30年ぐらい前からドイツで大変ポピュラーです。

ドイツではギリシャやスペインなどからドイツに連れて来られた犬のことを「南国の犬」と呼ぶことがあります。

ホリデイとしては最高の南欧や、物価が安くて最近ツーリストも多く出かける東欧は、動物愛護がそれほど徹底していなくて、旅行中も悲しい光景を見ることがよくあります。

1メートルぐらいの鎖につながれた犬、犬小屋の周りはフンだらけといったケース。
小さな檻に猟犬が何頭も詰め込まれているケース。
骨と皮だけの皮膚病の野犬。
ヨーロッパは動物愛護の先進国なんて言えたものではありません。動物愛護の先進国はヨーロッパの中でも数カ国だけ。ここドイツ、スイス(最も優れている)、オーストリア、オランダ、スカンジナビア諸国。

そこで、南欧や東欧から続々と殺処分のない動物先進国に連れて来られるというわけです。(東欧からは普通、陸路。)

ドイツにはギリシャとスペイン出身のもとストリートドッグを専門にあっせんする団体がいくつもあります。最近は東欧、特に、悪名高いルーマニアから多くの犬がレスキューされてドイツで幸せな家庭犬になっています。周囲を見渡すと、すごい。あの犬もこの犬もルーマニア!

もとストリートドッグは他の犬との協調性もあり、おとなしく、飼いやすいと好評です。もちろん、問題ありの犬たちはまず保護団体で問題を治してから新しい飼い主を探します。
びくびく、おどおどしていた犬が、人間の愛情によって少しずつ心を開いていくようすを見ると私も幸せな気持ちになります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー