記事一覧

愛しのオクトパス

「愛しのオクトパス」という本を読みました。サイ・モンゴメリーという女性の研究者が書いた一冊で、オクトパス、つまり、タコのお話。

「海の賢者が誘う意識と生命の神秘の世界」と表紙にあります。

それまで持っていたタコに関する認識がこの本を読んだ後、ガラリと変わってしまいました。

どういうふうに変わったのかって?

タコが食べられなくなってしまったのです。鮮魚売り場にタコがあると、目を背けてしまいます。

知りませんでした、タコは個人を認識して、好きな人にはやさしくからみついてくる、ってこと。タコは吸盤で個人を「味わって」知る、ってこと。そして、目でも個人を見分けることができる、ということも。

読み進めるうちに、タコが海に住む犬のように思えてきました。

「タコは美味しい」から「タコは愛おしい」に変化です。

とにかく読んでみてください。
知らなかった世界を知るいいチャンスです・・・

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー