記事一覧

毛皮は悲しい

そろそろ日本に帰る航空券を買わないと、と思ってます。帰国中にやりたいことのひとつは買い物です。インターネットで注文して友達の家に送っておいてもらう、帰国時に受け取る、というパターンが多くなってきました。
冬のコートも買い換えたいし、せっかくだから少しいいものを、と思って日本のインターネットでカシミヤコートをチェックしたら・・・。

ほとんどのコートの襟に本物の毛皮が使ってあるじゃないですか! まるでカシミヤのコートにはミンクや銀キツネ(シルバーフォックス)の襟がつくのが当然、と言わんばかり! 毛皮の襟のないコートは少ない。かなりガックリ来てます。

みなさま、どうぞ毛皮は買わないでください。買う人がいなくなれば毛皮のために動物たちが殺されることもなくなるのです。

毛皮の襟やフードのふちだけではありません。手袋についている毛皮、ブーツの飾り、髪飾り、帽子の飾り、キーホルダー・・・、あらゆるところに毛皮が使われています。動物たちは多くの場合、生きたまま皮をはがれたり、残酷な罠で捕獲されたり、つまり苦しみながら死ぬのです。

ペットショップや悪徳繁殖屋の犬猫販売と同じです。買う人がいるかぎり、悪質繁殖はなくなりません。

毛皮を見たら、それを生前にまとっていた動物を思い描いてください。お友達や同僚のかたとそれを話題にしてください。本当の動物愛護は、私たち一人ひとりの心の中からスタートします。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー