記事一覧

犬を散歩させることは男らしくない?

カナリー諸島の中でも観光客があまり行かないエル・イエロ島で8日間を過ごしました。
さっそく、前回知り合ったカリンさんと再会。彼女は20年以上も前から島に住み、ティアハイム(犬の保護施設)を運営してます。犬が最近多く捨てられて、ティアハイムは満員状態なので、一刻も早くドイツに何頭かの犬を送り出したい、と言っていましたが、どうやら無事に送り出すことができたようです。

エル・イエロ島にはインターナショナル空港はないので、テネリフェ島にひとまず運び、そこからドイツ行きの飛行機に乗せるのです。パーテと呼ばれるシステムで、同意した乗客がボランティアで自分の犬としてチェックインして、ドイツに運びます。

乗客は名前を貸すだけで、お金は全くかかりません。私たちも5時間だけの飼い主になってみたくてカリンさんにボランティアを申し出たのですが、あいにく私たちの乗る便にはすでに犬の先客があって定員をオーバーしていたので、次回ということに。

カリンさんは、島の人たちもだんだん犬の飼い方に理解を示すようになってきている、と楽観しています。以前は犬を散歩させることなど考えられなかった人たちが犬の散歩に行くようになったそうです。実際、今回何度も犬(雑種です!)を散歩させている老若男女を見かけました。

借りたコテージに毎日遊びに来た2頭の犬はたぶん親子、だと思うのですが、避妊去勢してないのでそれが気がかりです。日本の60年前と同じ、放し飼いが一般的な島では避妊去勢が必須なのですが。犬は何となくそのへんを走り回っている、という状態は犬にとっては自由気ままで自然なかたちでしょうが、増えた結果が悪循環を引き起こします。犬を家族として世話するという意識がまだ島に行き渡っていないのです。

ドイツに戻ってきた今もすっかりなついた2頭の犬のことが頭から離れません。いや、正確には3頭なんです。1頭、生後4週間ぐらいの子犬がもこもこ歩いてました。借りたコテージの向かい側の家のガレージに麻袋が置いてあってそこに寝ていました。飼い犬なのか、野良犬で寝場所を提供しているだけなのかそのへんがわかりません。成犬2頭はところどころ毛がフェルト状になっている、それからいつも腹ペコだった、ということが気になっています。

カリンさんに頼んで、飼い主(?)に話してもらおうと思います。せめて予防注射と避妊去勢だけは受けさせ、定期的にエサを与えてくれるよう頼むつもりです。私のドラえもんの貯金箱に貯めたお金がモノを言う時期、かな? 5つもあるドラえもんの貯金箱は2ユーロ硬貨をたっぷり呑み込んで、ずっしり重くなってます!ふふふ・・・


スーパーコピー時計2019新作通販
大人気スーパーコピー時計 専門店,2019新作ブランドコピー時計レプリカなどの世界クラスのブランドコピー新作は日本国内での送料が無料になります、
最高級ブランド時計スーパーコピーN級品は品質3年保証で。

リシャールミル スーパーコピー
ブライトリング スーパーコピー
オーデマピゲ スーパーコピー
ロジェデュブイ スーパーコピー
ハリー ウィンストン スーパーコピー
グランドセイコー スーパーコピー
IWC スーパーコピー


Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー