記事一覧

村八分になったドイツ人獣医もいた

ドイツからスペイン、ギリシャ、イタリアなど、ヨーロッパの「南国」で休暇を過ごし、動物の扱われ方に唖然として動物保護の活動を始めるドイツ人もいます。ただし、現地の人から反感を持たれることは覚悟しないとなりません。

その一例。
スペインのある島にやってきたドイツ人獣医は、犬猫の避妊去勢が徹底するようにと願って、かかる費用を安くした結果、現地の獣医たちから文句が出て、結局は立ち退きを強制されて帰国したそうです。失業率が50%の島で、犬猫の避妊去勢をする経済的余裕は期待できないのです。自治体が犬猫の避妊去勢は無料に近いという対策を取らないかぎり、哀れな犬猫は減らないでしょう。

鎖につないで飼うという悪習を改善するために、田舎村を巡回指導するドイツ人女性のことはテレビで知りました。指導するだけでなく、犬が庭を走り回れるように長いコードを張って、そこにつなぐ、という工事もします。

ギリシャのあるお金持ち(知人の知人)の邸宅に行ったときは裏庭に20頭ものポインターが20個の小さい犬小屋に、それぞれ1メートル位の鎖につながれているのを目にして、休暇のウキウキ気分がすっかり損なわれたことがあります。そこの主人が猟をするときに使う犬(=道具)だそうです。

動物愛護精神が発達しているドイツでは、犬をつないで飼う、ということがどうしても理解できないようです。日本もつないで飼うのが当然だった時代があります。今日でも地方ではつないで飼っている家を見かけることが時々あります。

スペインの離島で暮らすカリンさんは、捨てられていた犬や十年もつながれたままだった犬を保護して、ドイツに送り届けます。現地で成犬を引き取る人間はゼロだからです。要らなくなった犬は谷に投げ捨てて殺すか餓死させようとする。少しずつは意識が改善されているとはいえ、現地の人たちがはっきり気づくまでにはあと何十年もかかると思われます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー