記事一覧

危険種の犬を飼うということ

今日のニュースで土佐犬2頭が車から逃げて操作中ということを知りました。犬たちが人に危害を加えることなく、無事に捕獲されることを祈っています。

危険種の犬を飼うということは、そういうリスクを抱えているということです。

ドイツにも危険種を飼う人が増えています。ドイツで普通見る危険種とは、アメリカンスタフォードシャーテリアかピットブルです。もちろん、攻撃性のない温厚な犬もいますが、それは見かけではわからないので、道で出会うとマジで恐いです。

中には私が連れているシーズーミックス犬を威嚇するスタフォードシャーテリアもいます。もし飼い主の手元からリードがはずれたりしたら、一噛みで他の犬は殺されるでしょうし、通行人を襲わないという保証はどこにもありません。大型のスタフォードシャーテリアを連れている小柄な女性もいます。ドイツでは、なぜか低所得者の人たちがこの種を飼いたがります。不思議ですね。近所で見る飼い主たちはみな若いのに、なぜか無職で生活保護を受けている人たちです。

私の住む地域の保護施設では、ほぼ三分の一がスタフォードシャーテリアとそのミックスで、新しいファミリーを見つけるのは非常に困難です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー