記事一覧

ドイツでは危険犬種を飼う人、増加中。

ドイツでは一時期、危険犬種が減って、めったに見ない時期がありました。州によっては高い犬税が危険犬種にかかっていましたが、今はもうもとに戻ったようです。犬種によって差別するのは間違いである、ジャーマンシェパードは危険犬種ではないのに攻撃性の点では危険犬種と変わらないではないかという意見が勝利したのです。

そのせいかどうかわかりませんが、最近、ピットブルやアメリカンスタフォードシャーテリアの多いこと! 近所にも少なくとも10頭はいるようです。

避妊去勢するのが一般的ですが、危険犬種のオス犬は去勢していない場合が多いのです。飼い主が犬の攻撃性を楽しんでいる、といったふうに見受けられます。幸い、リード付きで散歩してくれているからまだいいけれど、リードが何らかの理由ではずれたら、と思うと恐いです。

以前、ピットブルが子供を噛み殺すという事件がベルリンで起きて、そのときに国中で危険犬種のことが話題になり、色々な規制が敷かれたのですが、喉元過ぎれば熱さ忘れる、でしょうか。人を襲う事件がいくつか同時に起きたら、再び危険犬種の飼い方について討論されるのでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー