記事一覧

隣人のダックスフント「ビーネ」はチェコ出身

近所に住む「ビーネ」はワイヤーヘアの大きめダックスフントです。(ドイツでは普通「ダッカル」と呼びます。)

台湾人の友人が、DACHSHUNDをDUCKSHUNDと発音してましたが、DUCKS(鴨)猟の犬と思ってたみたいです。でも本当はDACKSで、穴熊のほうです。穴熊の狭くて深い穴に入って行けるように胴長のソーセージみたいな犬に改良したのだそうです。だけど見かたによっては鴨かアヒルのような形をしてますよね。間違えるのも無理ないかな。

前置きが長くなりました。
隣人は「ビーネ」を、ある自称繁殖家のチェコ人から買ったそうです。「後でわかったのだけど、まともな繁殖家ではなく金儲け目的の繁殖屋だったわ」と隣人は言っています。

3ヶ月の「ビーネ」は予防接種の証明書が付いていましたが、後に、適当に書いたものだということが判明。駆虫済み、と記載されていたのに、便に大量の虫を発見して一家は大騒ぎに。

つまり予防接種も駆虫もしていなかったらしいです。趣味で繁殖していると言っていたそのチェコ人は他にも何種類かの小型犬を飼っていて、そのうち姿をくらましてしまったそうです。

東欧から百頭単位で仔犬が密輸されている現実があります。買う人がいるかぎり、密輸は終わりません。やっと乳離れしたような仔犬たちは、ほとんどが数日内に死んでしまうそうです。1頭でも伝染病のパルボに罹っていると、トラック内の仔犬はほとんど全滅する
のです。

ドイツでは、
買う人がいるかぎり、密輸は終わらない。

日本では、
買う人がいるかぎり、ペットショップやインターネットでの仔犬の販売が終わらない。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー