記事一覧

日本の捕鯨再開で私は針のむしろ状態

私の住むドイツでは、どの新聞を開いても、ニュースをつけても、雑誌を開いても、目に飛び込んでくるのは、日本の捕鯨再開の話題で、殺されたクジラの写真と共に大きく報道されています。

外国に住む日本人は針のむしろ状態にいる人も少なくないのでは?

日本人はなぜ今も水銀汚染のひどいクジラ肉を食べたいと思うのでしょうか? 

動物愛護の観点からも捕鯨に追求しています。クジラは銃を打った後、即死ではなく、絶命するまでに1時間もかかるのだそうです。その間、クジラは痛みで苦しみぬくそうです。

それに日本のニュースでは捕鯨についての話題がほとんどないことに気づきました。ドイツでは大きく取り上げられているのに。その差は何なのでしょうか。意図して話題にしていない、と思えるのですが。

日本での鯨肉の位置は今、「高級食品」で、デパートの地下のデリカテッセン売り場とかに高価格で売られています。

そこまでして、私たち日本人はクジラを食べる必要があるのでしょうか? 

捕鯨を好ましくないという意見を出すと非国民扱いされます。それでも、あえて申します。

動物愛護の観点を問題視したくなければ、それでは健康面からの視点から考えてみてください。

日本の捕鯨再開で、日本製品不買運動が起きるのは時間の問題だとにらんでいます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー