記事一覧

車内の犬を消防隊が救出

ジッペイくんたちの死を覚えていらっしゃるでしょうか。車内に閉じ込められた犬たちが死亡した事件です。飼い主はどんな罪に問われたのでしょうか? それとも、死んだのは犬たちだからということで罪には問われなかったのでしょうか。そして今も犬を飼っているのでしょうか。

1週間前、ドイツ、ヘッセン州の新聞に、犬を消防隊が救出したという記事が掲載されていました。

この暑い時期に、飼い主は、「すぐ戻ってくるから」と思って犬を車に残して病院に行ったのです。ところが思いの外、時間がかかってしまった。

たちまちサウナ状態になった車内で犬はグッタリです。

幸い、通行人が発見して警察に連絡。消防隊が出動して犬を救出しました。(ちなみに発見者は犬を救うために車の窓を壊してもいいことになっています。)

この飼い主は動物虐待の罪に問われています。意図して傷つけたわけではないから、おそらく罰金ですむのでしょうが、法律に基づいて罪を償いことになります。(動物虐待は犯罪として起訴され、罪を償うほかに、悪質の場合は、以後、犬を飼うことも禁止されます。)

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー