記事一覧

歩けなくなった牛

最近、ドイツでは家畜動物(の福祉)に関する話題が本当に多くなったような気がします。

昨日は虐待される乳牛の話で、見ているうちに気分が悪くなりました。見たくないのだけど、目を背けていてはいけないと思うから、がんばって見ます。

それはドイツ南部のバイエルン州のある酪農家でこっそり撮影された記録でした。

前脚で立てなくなった、暴力を受けた乳牛。後ろ脚だけで立とうとする牛が哀れでした。

また、虐待を受けて起き上がることさえできない乳牛。
虐待によって衰弱した牛たちをショベルカーで乱暴に持ち上げてトラックの荷台に放り投げる。もう、やりたい放題。このような人間に心があるとは思えない。ここまで残虐な人間、一体どのような環境で育ったのか知りたいです。

撮影した人は隠し撮りした記録を当局で見せていましたので、この酪農家の男は処罰の対象になるようです。

殴られ、蹴られ、立つことのできない牛たちの濡れた瞳を思い出すと、もうたまらないです。「肉はもういらない、ミルクもチーズも要らない」になってしまいます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー