記事一覧

ついに実行! スペインの離島からドイツまで犬を運んだ!

スペインの離島エル・イエロ島(カナリー諸島の最小の島)からドイツまで子犬3頭を運ぶボランティアをしました! 

エル・イエロ島でティアハイムを営むドイツ人のカリンさんは私たち夫婦がドイツのフランクフルトに戻る一日前にテネリフェ島に犬たちを飛行機で運びました。私たちは当日、ドイツ行きの飛行機が発着するテネリフェの空港でカリンさんと会い、ボックスに入った犬たちをチェックイン。カリンさんから犬用のパスポート(接種証明書)3冊を受け取ります。これがなければドイツの検疫を通過できないとあって、私たちは緊張気味。自分のパスポートよりだいじにバッグにしまいました。

3頭はまだ四ヶ月と半年の子犬で、テリア系とラブラドル系。かわいいのなんの! フランクフルトで愛護団体のメンバーに手渡すまでは、法律的にも正真正銘の「私たちの犬」なのです。

テリア系の子犬2頭は中型のボックスに、ラブラドル系の黒い子犬は大型のボックスに。出して抱っこしたいところでしたが、厳重に鍵がかかっていてそれは叶いませんでした。

飛行時間は4時間半。犬たちは不安と恐怖で震えているのではないかと気になります。フランクフルト空港に到着して、私たちは自分たちのスーツケースそっちのけで犬のボックスが出て来るベルトのところで待ちました。犬は普通、真っ先にチェックアウトできるようです。

犬たちは私たちの不安をよそに元気いっぱい。周りの人たちがニコニコして犬たちを見ようと立ち止まります。ドイツ人の少年3人が私のところにやってきて話しかけました。

「これあなたの犬なの?」
「そうよ。カナリー諸島から連れてきたのよ。」
「3頭ともあなたの?」
「そうよ。」(ああ、それが本当だったらいいのになあ!)
とにかく検疫を通過するまでは、法律的に私たちの犬なのです!

子供たちは300%の羨望の眼差しで犬たちと私を見つめてました。

検疫を通過するときは犬用のパスポートを握りしめて。
しかし、夜遅かったせいか、検疫には誰もいなくて、そのまま通過したのでした。緊張していた分、気が抜けてドッと疲れを感じました。

外で待っていた二人のドイツ人女性。ハグして、犬たちを引き渡し、チョコレートをもらい、私たちの任務は無事終了したのでした。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー