記事一覧

Zippeiくんたちの死は私たちに何を教えてくれるか

100度近いサウナに入っている時にドアが開かなくなり、助けを呼ぶにも声が出ない。そのような状態で彼らは死んでいったのですね。Zippeiくんたちが死に到るまで高熱地獄でどれほど苦しまなければならなかったか想像しただけで恐ろしくなります。

以前、日本のテレビのタレント犬が「使用後」は保健所行きというケースがあったそうです。又、友人の娘さんは雑誌のモデルで有名だったのですが、「撮影に使った動物を捨てるような世界はもういや」と言ってモデル業を辞めました。(彼女、撮影後に<廃棄>された猫を飼っています。)

飼い主でもない人間が飼い主であるような錯覚を視聴者に与え、犬連れで各地を訪問する。犬はこの場合、単に視聴者獲得の道具でしかありません。ドイツ人たちにこの番組のことを話すと、「それって犬にはすごいストレスでしょう? 動物虐待よ」と言います。一般の人の反応がこうなのです。


Zippeiくんたちの死を無駄にしないためには私たちがこのような番組にNOという態度を取るしかないのです。そのようなかたちで、私たちは哀れな一生を過ごすことを強いられる犬たちをなくすことができます。

犬を愛する人間は犬を金儲けの道具には使わないでしょう。ましてや手術で声帯を取ったりするでしょうか? (声帯を取ることなどEUでは禁止されています。)

もうあのような番組はボイコットしようではありませんか。
番組制作者にメールを出し、手紙を書く、電話をする。心の中で思うだけでは伝わりません。「タレント犬はもう要らない」という声を行動で伝えましょうよ。これが私たちに今、できることです。これがZIPPEIくんたちの死が私たちに残したメッセージだと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー