記事一覧

獣医師になるべきでなかった獣医師

スペインのある町で、野良犬と野良犬の多さに驚いたドイツの獣医師がボランティアで犬猫の避妊手術(無料)をし始めたところ、町のスペインの獣医師たちから、「よけいなことしてくれるな。我々の収入源がなくなる」と文句が出たそうです。

日本でも似たような話を聞いたことがあります。「野良猫の無料避妊手術を一番に反対するのは獣医師である」と。犬猫の避妊手術を大きな収入源にしている獣医師は、自治体やボランティア獣医師が無料もしくは安価で避妊手術をしたら困るわけです。

私の従姉は、近所の野良猫の避妊手術に100万円使ったと言っていました。私も母の家にやってくる猫たちの避妊手術にかなりお金を使いました。野良猫が庭で6匹も子を生んだときは、「親猫も含めて子猫たちの避妊手術をしてほしいが、割引してくれないか」と電話帳で調べた獣医師に電話したら「よそを探すんだね!」と冷たい返事が返ってきました。他の獣医師も大体同じような返事でした。結局、こっそり安価で手術してくれる獣医師のところに、愛護グループの人が連れて行ってくれましたけど、その獣医師の名前は絶対に口外しないように言われました。

日本には2種類の獣医師がいるようです。

動物が好きで好きで、救いたいと願って獣医師になった人。
動物が特に好きというわけでもないが、親が獣医師なので跡継ぎとか、高収入が望めるとかいう理由でなった人。

ドイツで獣医師になるのは並み大抵のことではありません。職業的な地位付けをするとしたら、はっきり言って人間の医者よりも高いくらい。「獣医師を目指して獣医学を専攻したけれど難しすぎたので途中で方向転換して人間の医者になった」という話は笑い話ではありません。動物が特に好きでもない、動物は金儲けの手段ぐらいに考えて得られる職業ではないのです。まず、相当に頭脳がよくなければならない。そして、動物を愛していなければなれない。なぜなら、ドイツの獣医師の目指すところはただひとつ。「動物の命を救う」ということなのですから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
付:ドイツで、健康なペット動物を人間の都合で安楽死させることは法律に反します。獣医師のもとでの安楽死を選択するのは、動物が治療しても治る見込みがなく苦痛を伴っており、そのまま生かせるのはその動物にとって幸せなことではないという場合のみです。

そもそも、日本の殺処分=安楽死による殺処分というふうに誤解しているかたが多いです。日本の殺処分は窒息死です。死に至るまで動物たちは苦しみ悶えます。ガス室に送られるまでの1日から数日間の精神的な苦しみも相当なものでしょう。どうか、みなさま。これについても考えてみてください。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー