記事一覧

鉄格子のむこうから私を見つめていた

その哀れな犬を私はどうしてもあきらめきれなかった。ギリシャの殺処分所で死を待つだけの8歳の小さな犬。

ドイツのある愛護団体から、「この犬はどうですか」と連絡が入ったとき、友人は飼う犬を別に決めた後だったのだ。

私たちはすぐにメールを書いた。寄付をしますからその犬を救ってください、と頼んだ。
翌日返事が来た。ギリシャのその殺処分所では引き取り手が決まっていなければ出すことはできないのです、と。

私はガックリ来て、夜なかなか寝付けなかった。友人も同じことを言った。私たちはこう書いた。お金は必要なだけ、どれだけでも出します、と。もう春の服も靴も要らない、あの絶望の目を幸福の光で満たすことさえできたら何も要らない。

翌日返事が来た。あの犬を救うことができた、と。私たちは、去勢費用、獣医による検査費用、チップ費用、輸送費を申し出ている。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー