記事一覧

牛や豚や鶏たちのことも考えてみよう

アメリカのベジタリアン団体の調査では、週に一度だけ肉なしデーを実行するだけで何億頭もの家畜を殺さずにすむのだそうです。
「木曜日を肉なしデーにしよう」というキャンペーンを始めたアメリカ人青年のことをドイツの新聞で読んだことがあります。私も以来、週に二度はベジタリアン、時々は玉子も乳製品もなしのヴィーガン料理を作っています。

アメリカでの統計では、2007年と比べると2014年には、家畜の屠殺数が4億頭も減少しました。

西ヨーロッパでも肉の消費量が年々減少しています。
同時に、家畜動物の飼育についてドイツではしょっちゅう話題にのぼります。「私たちは家畜を人道的に扱っているか?」という問題です。今週号のドイツの雑誌「Die Zeit(ツァイト紙)」では、家畜動物の福祉が第一面記事です。

私たちが美味しいといって食べる焼肉やとんかつやフライドチキンの肉が、日光の当たらない狭いオリの中に閉じ込められ、苦痛だけの一生だった動物たちの肉だとしたら?

週に一日肉なしデーをもうける。家畜の福祉を考慮して、放牧牛、放牧豚、放し飼いの鶏を(高くても)買うようにする。そのような行動を通して、私たちも家畜動物たちの福祉向上に参加することができると思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー