記事一覧

どうぞ鶏肉を買う前に考えてみてくださいね

動物愛護という言葉を使うたびに心のかたすみで、「ちょっと違うんだなあ」というつぶやきが聞こえます。動物保護、というと保護する意味が強調される感じがするし、やっぱり「違うんだなあ」。

やっぱり「動物の福祉」かな? 私が家畜のために使いたい言葉は。

人間に飼われている動物たちがその動物らしく生きることのできる環境を整えられるのは、私たち人間です。
地上で、動物の地獄に生まれるのも、動物の楽園に生まれるのも人間次第です。(地上での役割を終えた動物たちは、彼らの天国へ行くでしょう。人間を愛し、人間から愛された動物たちは愛する人の行く天国でいつか再会するのでしょう。)

今日は、動物の福祉、ということについて、ちょっとだけ。

ドイツのオーガニック食品専門のスーパーで売っている何種類かの鶏肉はどれも放し飼いで育った鶏です。その中のひとつには、箱に大きく、「鶏を外に出そう!」と書いてあります。
一生身動きさえ充分にできない狭いオリの中で、一度も土を掘り起こすこともなく、仲間と接触することもなく、ただただ配合飼料をつっつくだけの地獄。放し飼いではあっても屋内で、満員電車並に詰め込まれ、不潔さから病気で死んだ仲間があちこちに横たわる地獄。

同じ鶏として生まれても、外で土を掘ったり、仲間にちょっかい出してみたり、追いかけたり追いかけられたり、砂浴びしたり、柔らかい草の上で日を浴びたりする鶏の天国。

鶏に私たちが与えることのできる「福祉」を、考えてみませんか。消費者の考えが変わることが動物福祉の第一歩につながります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー