記事一覧

毎週2日は犬もクラスメート

小型のむく犬、エミールは学級犬と呼ばれて、クラスのみんなから愛されています。
エミールは週に2日、「登校」して教室で放課後まで過ごすのです。クラスの子供たちはエミールを通じて犬との接し方を学んでいます。たとえば、かわいいからといっていきなり頭を撫でようとしてはダメ、そっと下から手を出すべき、ということや、大声を出したり子供たちがあばれたりすると犬はおびえるということなど。

授業の間、エミールは寝ています。エミールは朝食抜きでやってくるので、子供たちは用意された朝食代わりのドッグフードをエミールに与えることができます。はじめは犬を怖がっていた子も今はエミールが大好き。

エミールがいるところでは、子供たちが気を使って静かに話すようになり。それに騒がなくなったそうです。

子供たちは一匹の犬の存在を通して、教科書に書いていないことをたくさん学んでいるのです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー