記事一覧

ヴェジタリアン、ヴィーガン見本市に行ってきました

週末はヴェジタリアンとヴィーガンの見本市へ。田舎町のそのまた郊外の会場で開催されてたから、人はそう多くないだろうと思っていたのに、その混雑といったら、なんと午前8時15分の新宿駅並でした。駐車場所はなかなかないし、入場券を買うにも長蛇の列でした。

ドイツではこのところヴィーガン熱がさらに上昇中で、どのスーパーにもヴィーガンのコーナーが設けられているし、テレビ、新聞、雑誌も、肉も玉子もチーズもミルクも不使用のヴィーガン料理のオンパレードです。

私は目下、料理の本を執筆中なので、人混みにもまれながらもヴェジタリアンやヴィーガン食品を観察しました。

ドイツのヴィーガンは多くが環境保護と動物愛護の立場から肉を食べないという人たちです。会場には、動物実験反対団体、毛皮反対を訴える団体、東欧からの家畜遠距離移送の条件改善を求めるグループなど、様々な愛護団体もブースを出していました。特にシーシェパードの売るTシャツやジャケットは飛ぶように売れていました。

動物実験反対グループが貼りだしていた猿の苦痛に歪んだ顔が忘れられないです。
コートのえりにするために生きたまま皮をはがれたミンクの、血だらけの顔も忘れられない。
乳牛たちが悲惨な環境でボロボロにやせ衰えている姿も頭から離れない。

見たくない光景、でも目をそむけるわけにはいかないのです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー