記事一覧

毛皮着ないでくれてありがとう

「毛皮を着ないでくれてありがとう」という英語のシールはアメリカで買った物です。玄関の姿見の鏡に貼っています。車に貼るつもりでしたが、ドイツ人には意味がわからないだろうから玄関に。

先日の見本市では、「本物の毛皮を使った物、持ち込み禁止」というシールをもらいました。えり、帽子、ショールの毛皮の絵にダメ印が付いています。

ドイツの今年の冬は暖冬で、寒がりの私でさえ冬のどっしりしたウールのコートは一度も着ませんでした。麻(ただし、分厚い織り)の短いジャケットにマフラー、ベレー帽で充分。原始時代でもなく、北極でもない近代において、毛皮の役割って何なのでしょう?

市内の、昔からある毛皮店、早く消えてほしいです。ここまで来ても未だに毛皮コートを買う人がいるのかと不思議でならないのですが。

いまどきの若い人はまず着ない。着てる人と言うと、西ヨーロッパ以外の、お金をどう使っていいかわからない某国の成金さんたちか、おそらく50年前に(やっと)買って今も着ているというおばあさんたち、かな。毛皮はずっしり重いのにご苦労なことです。

ただ、ジャケットのフードの縁取りや、スカーフの先っちょや、帽子などに使われていることに無関心な人はドイツにも多いです。
アンゴラうさぎのセーターも、生きたまま毛を抜かれている光景など、想像しただけでウサギたちの叫び声が聞こえてくるようです。事実を知らないころは、アンゴラのセーターはフワフワでかわいいと思っていたのですが、今は、ウサギの苦しみなど着るわけにはいきません。

フードの縁取りの毛皮やアンゴラやダウンジャケットのダウン(水鳥の羽毛)がどのようにして「採取」されるのか、知れば買わなくなる人も多いのではないでしょうか。

買う人が減れば作る人も減ります。(ペットショップの犬猫も同じです。買う人がいるから店もあるのです。)

このようなことを、どうぞ、学校で、職場で、お友達と話題にしてくださいね。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー