記事一覧

オスのヒヨコに生まれたら

毎日、何気なく食べている玉子。
玉子を産むのは当然メスの鶏。
では、オスの鶏はどうなるんだろう? って考えたことありませんか。

ヒヨコは生まれたらすぐにオスとメスに鑑別されて、オスのヒヨコは即、殺処分されるってことご存知でしたか。

私自身、最近までそのことについて疑問視していませんでした。いや、正確に言うと、頭のどこかでは分かっていたような気もするけど、考えたくないことのひとつだったような気がします。

しかし、最近、ドイツではこの件がよく話題にのぼるようになりました。テレビで放映されるから、見たくないシーンもつい見てしまうのです。そして、玉子を食べるからには、玉子がどう生産されるかの事実を受け止めておくことがだいじだと思うようになりました。目を背けてはならないと反省しました。

オスのヒヨコは(ドイツでは)、電気で殺処分されてからシュレダーにかけられます。そのままの姿で、動物園の動物の餌になるヒヨコもいることは、動物園を見学したときに知りました。


一方、オスとして生を受けたが故に即殺処分ということは人道的でない、と見なす人も増えて来ています。そして、オスのヒヨコをそのように殺してしまうのではなく肉用に養う養鶏場も出現しました。

私はその養鶏場の玉子を買うようになりました。ちなみに数年前からドイツではオリに閉じ込めて飼うことは禁止になり、すべて平飼いです。しかし、狭い小屋に詰め込み式で飼う養鶏場もあって問題になっています。身動きできないオリよりはマシでしょうが。

鶏本来の姿。それは、地面を突っつき、虫や草や実を探す。私が子供のころに農家の庭先で普通に見ていた光景です。

その動物がその種らしく生きることを可能にする。たとえ、肉用に育てられる家畜、家禽であっても、です。家畜が生きているあいだ、苦痛を与えるような飼い方をしない。それこそが人間の役割だと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー