<ポール・ミークって、どんなひと?>

1957年、イギリスのウェールズ生まれ。9歳のときの臨死体験がきっかけで天国の住民とのコンタクトができるようになりました。すぐれたミディアム(霊媒)のもとで特訓を受け、プロとして独立しました。声楽家として活躍するほか、ドイツを中心としたヨーロッパで、公開の「天国とのコンタクト」をおこない、テレビにも出演して、死別の悲しみに苦しむ人たちを癒しつづけています。

ポールは、天国からのメッセージを伝えることを使命としています。

<天国とのコンタクトってどういうことするの?>

例をあげてみましょう。つまり、1対1でする個人のコンタクトでは、こんなふうに進行します。

ポールが、あなたの前に座ると・・・・・・。

「OO歳ぐらいの男の人がいます。おやおや、あなたにお顔がそっくりですよ! 病院で人工呼吸器をつけていて話ができなかったときも常に横にいてくれてありがとうと言っています。あちらでは、研究仲間と一緒だそうです・・・・・・」

「若い女性が私に本を何冊も見せています。あなたにとても意味のあることだそうです。それから、天国では、プリンという愛犬と一緒だそうです。交通事故死したあなたのお友達の○○さんにも会ったと言っています。彼女もあちらで非常に幸せなので、心配しないようにとのメッセージです。今、あなたの横で、笑いながら、うなずいていますよ!」

このように、天国の住民である親類、知人たちがメッセージを送ってきます。もちろん、ポールはあなたの名前さえ知りません。ミディアムに情報を与えることは禁物です。そうでないと、どこまでが「事前に知った事実」か、「天国の住民からきた事実」か、わからなくなってしまうからです。人生相談ではなく、あくまでも、「死別の悲しみ、苦しむを癒す目的」、「魂は肉体の死後も存続することの証明」なのです。
メッセージのなかには、あなたさえ知らない事実も含まれます。
(ただし、ポールは数年前、ドイツでテレビに出演した後、申し込みが殺到したために、現在は個人のリーディングはおこなっていません。しかし、スピリチュアリスト教会での「公開の天国とのコンタクト」にはだれでも参加できます。)

<ポールのする「天国とのコンタクト」はどこで見ることができるの?>

あなたもポールが公開でおこなう「天国とのコンタクト」に参加することができます。
年に2回、4月と11月にロンドンのスピリチュアル・ミッションという教会で、ポールが礼拝と「天国とのコンタクト」を受け持ちます(英語)。スケジュールや、場所はスピリチュアル・ミッションのホームページで知ることができます。もちろん、だれでも参加できます。教会は静かな住宅地のなかにあり、花がいっぱいのかわいい教会です。
ふだんはドイツのミュンヘンで、スピリチュアリスト教会の牧師として礼拝をおこなうほか、公開の「天国とのコンタクト」を定期的におこなっています(ドイツ語)。

詳しい内容は、「天国の住民が教えてくれること」に書いてあります。公開でおこなう「天国とのコンタクト」のありかたと、スピリチュアリズムについて、予備知識をもっておくことをお勧めします。

ポールのホームページ:www.paulmeek.de
           (ドイツ語ですが、左下の英国国旗をクリックすると、英語になります)
ロンドン・スピリチュアル・ミッションの ホームページ:www.spiritualmission.co.uk